冬に起こりやすい注意すべき病気

冬場に起こりやすい心筋梗塞に注意!

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体はデリケートにできており、
季節の変化は、体調の変化に分かりやすい形で表れるものだ。

 

 

 

地域差もあるが、総じて冬は、気温の低下に注意する必要があり、
動脈硬化による、心筋梗塞のリスクは避けられない。

 

 

 

寒さが高血圧を引き起こし、心筋梗塞を招くことは、
知られたことではあるが、そのための予防策に対する認識は、
割りと、ばらばらなものだ。

 

 

 

部屋の中と風呂場との温度差を無くすなどの行為は、
広まりを見せているが、抜けがちなのが、”脚を暖めること” である。

 

 

 

脚は、第二の心臓と呼ばれるぐらい、血行に大きく関わっている場所だが、
上半身は厚着を施していても、下半身は疎かにしがちである。

 

 

 

脚を温めることは、血行を維持し、血圧の上昇を防いでくれるので、
外出する際はもちろんのこと、部屋の中にいるときでも、
ズボンの下にタイツを履いたり、靴下をはいたりカイロを貼るなどして、
保温に努めよう。

 

 

 

また、部屋の暖房を効かせすぎると、温度差を助長しているだけではなく、
発汗によって外出した際、より寒さを認識してしまうだけなので、

 

 

 

暖房は20度程度に抑えて、厚着をして、
外との温度差を小さくするように、心がけよう。

 

 

 

特に、男性より女性の方が、50歳を過ぎると、
動脈硬化になる可能性が、加速する傾向がある。

 

 

 

その理由は、月経が停止し、閉経に至る時期だからである。

 

 

 

動脈硬化は、更年期障害の合併症の1つと考えられているので、
独居老人が増えている現代社会において、冬の時期の過ごし方は、
健康な生活を守るための、必須課題となっている。

 

 

 

 

 

 

 

<<姉妹サイト>>

 

津田沼で脱毛をお考えなら、大手サロンのキャンペーンを活用しよう!
津田沼で脱毛をお考えなら、大手サロンが提供している、
非常にリーズナブルな、キャンペーン(割引き or 体験)を、活用しましょう!
津田沼には、全国展開している脱毛サロンが、少なくとも7軒は集まっていて...