冬に起こりやすい注意すべき病気

冬に流行する感染性胃腸炎に注意!

 

 

 

 

 

 

 

冬に流行しやすい病気の1つに、
ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎がある。

 

 

 

嘔吐や下痢、腹痛、発熱などを伴い、
感染が広がりやすく、集団発生してしまう。

 

 

 

その理由は、罹患した者が吐いたものや下痢の中には、
大量のウイルスが含まれているので、処理が不十分だと、
ウイルスが手などに付着し、ドアノブなど色んな場所に、
ウイルスが撒き散らされるからだ。

 

 

 

従って、予防するには、”帰宅時の手洗い” や、
”食事の前の手洗い”、”トイレの後の手洗い” は、かかせない。

 

 

 

また、食品の十分な加熱を始め、
調理器具の熱湯消毒なども効果的だ。

 

 

 

一般的に食中毒というと、夏場を想像しがちだが、
実は、1年中注意が必要で、寒い冬だから、
安全ということは決してない。

 

 

 

食中毒の発生件数が一番多い時期は、夏場から秋口が、
ピークだが、患者数は冬場の方が圧倒的に多い。

 

 

 

これはノロウイルスの集団感染が多いからだが、
幼児やお年寄りは免疫力が弱いので、
肺炎などの病気を併発することもあるので、注意しよう。

 

 

 

一旦、ノロウイルスに感染すると、症状が治まるまで、
耐えるより有効な手段は、今のところ判明していない。

 

 

 

症状が出ていないとしても、ウイルスは、
潜伏していることもあるので、油断は禁物だ。

 

 

 

また、一度感染すれば、それで終わりということではなく、
場合によって、はひと冬に複数回感染することもある。

 

 

 

年末で仕事もバタバタと忙しく、忘年会などもあり、
生活リズムが不規則になりがちなこの季節は、
知らず知らずの内に、胃腸に負担をかけているので、
十分に注意しよう。