冬に起こりやすい注意すべき病気

大切な冬の乾燥肌対策!

 

 

 

 

 

 

 

一般的に、肌の老化は冬に起こると言われており、
その理由は、空気が乾燥して、肌だけではなく、
喉なども、カサカサしがちな季節だからだ。

 

 

 

気温が低いことが一番の理由だと考えがちだが、
実は、一番の大敵は、外の冷たい風なのである。

 

 

 

気温が低いだけなら、肌に対する、
ダメージは大したことはない。

 

 

 

従って、ちょっと気温が上がった時に、油断して、
外の風を浴びると、気温が低い日よりも、
さらに、肌がカサカサしてしまうことがある。

 

 

 

冬の乾燥肌の対策は、とにかく、風が、
なるべく当たらないように、マフラーなどで、
頬をカバーすることが、大切だ。

 

 

 

風呂上がりの肌が潤っている時に、しっかりと、
クリームなどで、保湿対策をするのはもちろんのこと、
他の季節よりも、こまめに保湿を心がけよう。

 

 

 

また、家の中にいるからといって、安心してはいけない。

 

 

 

冬は、肌が乾燥する理由が、
家の中にも外にも、溢れている。

 

 

 

加湿器や空気清浄機を使用し、
窓を開けての空気の入れ替えにも、
気を配り、肌に優しい空間作りが大切だ。

 

 

 

イベントが多くなる年末の時期に、
大事なタイミングで、冬ニキビが、
できてしまう人が増えている。

 

 

 

冬ニキビは、乾燥や冷えが理由で、
できてしまうため、予防するにはそれらを改善し、
毛穴を詰まらせないことが、重要である。

 

 

 

家の中だけではなく、職場での過ごし方も、気を配ろう。

 

 

 

心理的なストレスも、肌荒れの原因となるので、
自分のストレス発散方法を、確立して、
肌荒れを防ぎ、充実した年末年始を過ごし、
年明けの仕事始めに、備えよう。